Fiduciary Duty 宣言改定(2021年)

この記事を共有する:

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email

こんにちは。人事の檜野です。みなさんはFiduciary Duty(フィデュ―シャリー・デューティー)宣言ってご存知ですか?Fiduciary Duty宣言とは、金融機関が発表する「お客様本位の業務を運営するための、明確な方針」のことです。金融庁は2017年に「顧客本位の業務運営に関する原則」を発表し、金融機関に対して以下の取り組みを行うよう提言しました。

顧客本位の業務運営を実現するための明確な方針を策定・公表した上で、当該方針に係る取組状況を定期的に公表するとともに、当該方針を定期的に見直すことが求められる。」

GAIAは上記提言のあった2017年、業界でも早い時期に宣言を公表しておりましたが、この度改定を行い、2021年10月1日より新たな宣言のもと、お客様へのサービスのご提供に邁進していくことを社員一同確認いたしました。

改定版のFiduciary Duty宣言は以下GAIAホームページにて公表しております。

GAIA Fiduciary Duty 宣言(2021年)

https://www.gaiainc.jp/company/fiduciary/

Fiduciary Dutyに限らず、こういった宣言のようなものはとかく発表だけしてその後実態が伴わずいつの間にか忘れ去られてしまうことが多いように思います。

私たちは創業15周年を迎え、あらためて「お客様の夢の実現」という当社のビジョンを再認識し、GAIAのあるべき姿、制度、考え方をFiduciary Duty宣言に落とし込みました。理想論ではなく、15年かけて培ってきた私たちのノウハウや想い、未来への道筋を具体的な数字や指標も用いながらGAIAのお客様や関係者のみなさまに分かりやすい表現となるよう心掛けましたので、是非ご一読いただければと思います。

この宣言の元、わたしたちは「お客様のより良い人生」のために尽力して参ります

Stay Connected

More Updates

応募要項の確認・エントリーの方はこちら
ENTRY
応募要項の確認・エントリーの方はこちら
ENTRY