マネージャー研修

この記事を共有する:

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email

 人事の檜野です。本年も残すところわずかとなりました。
一年が過ぎるのはあっという間ですね。年を重ねるごとに、一年が過ぎるのが早く感じるのはなぜなのでしょうか。

 さて、師走のあわただしい中ではありますが、先週、GAIAの中期経営計画作成のため、合宿研修が行われました。役員及び各部門の責任者などが参加し、2日間みっちり、食事の時以外は一歩も会議室から出ず、缶詰め状態で意見を出しあいました。会社を離れ、普段とは異なる環境の中で集中して意見交換ができ、非常に有意義な時間でした。

中期経営計画について考える

 これまでも中期経営計画は作成しておりますが、作成の最初の段階から各部門責任者が深く関わることはしてきませんでした。従業員にとってはいつの間にか誰かが作って、上から下に降りてくるものというイメージが強く、どこか他人事みたいなところがあったのは否めません。計画の意図や、数字の意味など深く考えることもないまま進んできたので、いまひとつ浸透もしておらず、実行に際して目指す山の頂上が各部門でばらつきがあったように思います。

 そこで今回は、計画作成の段階から各部門のマネージャーに入ってもらい、あらためてGAIAが今後、中長期で目指していくもの、あるべき姿について意見を出し合い、数字に落とし込むという作業を真剣に行いました。ここまで掘り下げるの?というくらい、あきらめずに丁寧に突き詰めて意見を出し合いました。 最初は議論が進むのか懸念していたのですが、いざスタートすると活発な意見が飛び交い、合宿中に設定していたゴールまで無事たどり着くことができました。中期経営計画の完成まではもう少し時間がかかりますが、今回の研修内容を基に、まずは各部門長が部下に経営計画の意図や目指すものをしっかりと説明し、各部門戦略に取り掛かっていくことになります。皆が納得して同じ山(目標)に向かって進むためのコンセンサスを取ることが何より重要。計画を計画のまま終わらせず、達成に導くための第一歩ですよね。

 トップの写真は、合宿のときに早起きして見た海からの日の出です。
この日の出のように、GAIAの未来が明るく輝きますようにと、冬の朝のきりっと冷えた空気の中、思いをあらたにしたのでした。

Stay Connected

More Updates

応募要項の確認・エントリーの方はこちら
ENTRY
応募要項の確認・エントリーの方はこちら
ENTRY