運用企画部 新メンバー紹介

この記事を共有する:

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email

人事の檜野です。今日は今年4月1日付けで運用企画部に入社した和田さんを紹介いたします。
運用企画部はIFA業務に係る各種金融データの取得、市場のモニタリング、市場動向および運用状況のフィードバック等を行っています。専門的な知識を要する業務となりますが、和田さんは大学院修士課程(経済学)を修了後、運用会社に入社し、マーケットの調査、投資ファンドの選定、ポートフォリオの管理などに従事していました。
今年30歳の節目を迎え、縁あってGAIAに入社いただくこととなりました。

転職理由

前職では、法人の顧客に対して投資に関する様々なサービス提供を行っておりましたが、仕事をしているうちに、あまり投資が身近でない個人の方々に寄り添う投資をお届けしたいと思うようになりました。IFA業界について調べていたところタイミングよくGAIAから話を聞いてみませんか、とお声がかかり転職を考えるきっかけとなりました。

GAIAに決めた理由

運用の専門家のポジションが社内に存在しており、かつ、顧客のためにという姿勢が強く感じられるような独立系IFA法人を調べていくなかで、GAIAの目指す姿勢、やってきたことなどを知り、ここしかないと思い決断しました。特に、顧客のためにやるべきでないことは、たとえ儲かることだとしても、やらないというスタンスが印象的でした。IFA法人で運用の専門家としてのポジションを募集しているケースは極めて稀です(そもそもポジション自体が存在しないことがほとんどです)ので、転職を検討し始めた時期と募集タイミングが奇跡的にマッチしたのも、転職を決意する後押しとなりました。

GAIAでやりたいこと

GAIAの資産運用基盤をより強固なものにし、より安心してお金を預けていただけるような環境を整えていきたいと考えています。目先のところでは、まず社内のアドバイザーの方々に信頼してもらえるようになり、やがては顧客の皆様にも信頼してもらえるよう、コツコツと日々の業務を積み重ねていきたいと思っています。また、資金(とちょっとのコネ)さえあれば大抵の対象に投資できるプロ投資家の世界と異なり、個人の投資の世界では制約も多いですが、逆に、制約の中でどれだけ工夫できるかにも挑戦して行きたいと思っています。

入社後のGAIAの印象

入社前は、インターネットで色々調べたり、採用面談の際に色々伺ったりして、社内の雰囲気をイメージしていましたが、入社後もギャップは特に感じませんでした。 最低限の決まりを守り、為すべきことをしっかりと行っていればその他は比較的自由、というような雰囲気は体質に合っているように感じています。

趣味・休日の過ごし方

休日は、寝ているか、経済学の論文を読んでいることが多いです。アイデアがほしい時は散歩に出たりもしますが、大抵は家に引きこもっている気がします。

今後のなりたい姿・目標

世に憚る運用担当者になりたいとは思っておりませんで、アドバイザーの陰の存在として、顧客の資産の形成・運用を支えていきたいと思っています。

運用企画の業務は日々PCのモニターとにらめっこして各種データの分析に追われる真面目でストイックなイメージがありますが、和田さんはやさしく穏やかな雰囲気と、天然ともいえるおとぼけ感が持ち味の愛されキャラです。
実は一癖も二癖もありそうな気がしているのですが…(笑) 本当の和田さんを知るのはこれからですね。 バックオフィス部門の最年少ということで、今後の活躍と成長を楽しみにしています。

Stay Connected

More Updates

応募要項の確認・エントリーの方はこちら
ENTRY
応募要項の確認・エントリーの方はこちら
ENTRY